役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

これであなたも幸せに!?風水を部屋に取り入れたおすすめの間取りは?

スポンサーリンク
 

風水って本当に効果あるの?

一度はそう思ったこと、ありませんか。

目にみえる即効性がない。

あるようにみえないのに東西南北にアレをおいて
この色をおいて、が風水のイメージです。

それは一部ほぼそのとおりといえます。

実はすぐ効果がでません。

なにか行動を起こすことで生活の環境を
少しずつよくしていくもの。

ジワジワと効果を感じるものです。

では詳しくお伝えします。

すぐに取り入れられる場所別風水ポイント!

f:id:sawamurajin:20170505193128j:plain

今回は玄関とトイレの2ヶ所にしぼってお話します。

あなたの玄関はどうなっているでしょうか。

靴はそこらじゅうにちらばってませんか?
泥だらけでよごれてませんか?
これらはよくありません。

玄関は風水で最も大事な場所です。

むしろ、玄関さえ整えればOKなんていいます。

汚れているなら掃除・・・なのですが
大掃除の必要はなし。

靴をきちんと並べたり収納したり、
砂ぼこりがあるならはき掃除。

このくらいでも十分です。

後は100円でも買える観葉植物や花を
ポンとくつ箱の上においてあげるだけ。

造花ではなく生きているものを選ぶのもポイント。

続いてトイレもおしゃれ空間にしましょう。

まずは掃除、気になる汚れをとります。

冬のひんやり対策にもなる便座カバーをつけて、
消臭剤とトイレ専用のスリッパを用意します。

さらに花の写真を壁にかけると見た目も風水的にも
グッとよくなります。

ここまでならだいたいの人がやっていることに
聞こえますが、風水でも大事なことです。

トイレは4つほど少し注意をするだけ。

・便座はあけっぱなしにしておかない。

・ドアの内側にカレンダーなどをつけない。

・掃除用具はなるべく見えない場所に収納。

・トイレ内のタオルは清潔に。

こんなことで?と思うかもしれませんが、
おしゃれにみせた空間は同時にすっきりとします。

それはキレイということにもつながって、
結果的に開運につながるというのが風水です。

スポンサーリンク
 

これが理想の部屋!ポイントを抑えた間取りの例

理想は東から南にかけて玄関、リビング。

東にキッチン、寝室があればいいとされています。

こんなかたよった配置をしていたら
家をたてるのも探すのも
永遠にむずかしいと思います。

風水はぜんぶやることが
いいわけではないんです。

やれることをやって、
自分の生活環境よくしていく。
これがいちばん大事だと思って大丈夫です。

間取りは今すぐ変える、
とはいかない人のほうが多いです。

もちろん現在の住まれている家をコーディネートして
風水を取り入れるのもいいでしょう。

ここで抑えるポイントは2つ。
「鬼門」と「おく物」です。

鬼門や裏鬼門は名前からも感じ取れるように
不吉で良くない方位(北東と西南)のことです。

この方位に玄関や風呂やトイレ、台所があるのは
あまり良いことではありません。

ですが、上にあげたような玄関などは移動がムリ・・・。
そうなってしまいますよね。

この鬼門はその場所を
できるだけきれいにしておくことで
解決してあげましょう。

ここでも掃除の大切さがわかりますね。

次はおく物について。

窓には二重にカーテンをつけてあげましょう。

遮光カーテンは風水だとあまり好まれません。

太陽の光を完全に遮ってしまうと
良くない気ばかりため込んでしまう、
そういわれています。

夜寝るときにまぶしくない
半分だけをあけておく。

朝起きたらすぐに遮光カーテンをあける。
寝るときだけ閉めない、
というのもアリなのです。

光さえしっかり部屋にはいれば
問題は解決です。


そして寝るためのベッドやふとん。

風水では人の寝るときの高さは
床から40cmが基本とはいいますが
これもふとん愛用の方は難しいですよね。

ふとんであれば畳がやはりベストなのですが、
フローリングにふとんで寝ている人は注意です。

なぜ床から40cmという高さなのか。

これは床から30cmは
ホコリが舞っているせいなのです。

寝ているときに無意識でも
ホコリを吸ってしまうのは
体によくありません。

なのでここでも言えるのは
こまめに掃除を・・・
になってしまいますね。

まとめ

f:id:sawamurajin:20170505193130j:plain

風水、少しだけ印象が変わりましたか?

お金をかけてグッズをそろえるのももちろん
自分が楽しくやれるならとてもいいことです。

ですがはじめの一歩の掃除なら
もっと手軽に生活の一部として
はじめられるのではないでしょうか。