役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

モテたければカラオケでアピール!?上手に歌って点数を上げるコツは?

スポンサーリンク
 

 

会社の懇親会などと違って、
顔見知りで飲食するわけではないのが合コン。

気が合う、合わないがあるとしても、
ぜひ好感度は上げておきたい。

そうは思いませんか?

いまや恒例になりつつあるのが合コンカラオケ。

ここでかっこよく歌い高得点を取れれば
誰もが一目おいてくれますよね。

昔から歌の上手な男性はモテるのか!?

f:id:sawamurajin:20170502234730j:plain

モテるか、モテないかと言われれば、
もちろん音痴よりはるかにモテます。

とはいえ
お笑い寄りの会話しかしないようなキャラが
歌上手でもネタにされる可能性はありますが
それでもギャップを狙うなら効果ありです。

歌が上手でも趣味が合わなければいけません。

盛り上がる合コンの最中に
突然マイクをつかみ演歌を歌われたら
ドン引きは間違いなしです。

幼児向けの歌も好まれません。

最近だとアニメソングもありますが、
そういったものが好きな子がいれば
盛り上がるかもしれません。

いなかった場合は上に同じく悲惨です。

テレビで放送されているような
ランキングに入るアーティストたちの曲を
サラッと高得点で歌ったら
思わず歓声がもれてくるかもしれません。

ただ最新のものばかりよりも
みんなが知る曲のほうが
盛り上がる傾向がある
という流れもあります。

スポンサーリンク
 

実例あり!高得点を出すためのコツ5選

 

JOYSOUNDよりもきびしいとされるのが
DAMの「精密採点」です。

こちらで高得点が取れればJOYSOUNDでは
常に95点以上をキープできるでしょう。

ポイント1つ目、音楽とマイクの音量。
これはついやってしまいがちのミスです。

どうしてもカラオケは大音量で歌うイメージですが
ここはグッとがまんです。

部屋に入るとけっこうな音量で
ボリュームが調整され準備されています。

歌う前にマイクの声のほうが大きくなるように
少し下げておきましょう

音楽が歌う声のジャマをしてしまい
採点に影響してしまうのでマイク音量は少し上げます。

かといって上げすぎると歌いにくくなるので、
声のほうが大きいかなくらいで大丈夫です。

2つ目、リズムは正確に。
特に歌い出しは重要なので、入るタイミングは
しっかりと練習して覚えていきましょう。

ラップ部分がある場合も連続音で前のめりに
なりやすのでズレが無いようにします。

3つ目、ビブラート
プロのようには再現できないのが悩みの
この採点項目ですが、ぜひごまかしましょう。

声を例えば「あー」でのばす場合。

「あー」と出しているときに、
途中で息を吸って【あ】を言い直さず
息を続けて吐きながら【あ】を連続的に何回か入れます。

するとビブラートのように聞こえ、
採点にもビブラートとして認識されます。

注意なのは「あ」と細かく入れすぎないこと。
大きく波をうつように入れるのがコツです。

4つ目、声の抑揚で表現力を
ここからさきは直接点数にひびいてきます。

声の抑揚なんてどうすればいいのか。
悲しいところは小さく、激しいところは大きく。

これは人それぞれになってしまいますが、
もともと歌っているアーティストの見本があるので
そちらをがっつり参考にしましょう。

5つ目、音程をしっかり合わせる。
これがなによりも大事なポイントですね。

調子に乗ってアレンジを加えすぎてしまうと、
逆に音を外したとされ減点されてしまいます。

歌詞を覚えている人は動く採点のバーに注意して
音を外さないことが大切です。

5選をすべてこなせば確かに採点では
高得点は間違いありません。

ですがある程度は採点で許される項目が
あるのも事実なのです。

その項目は5選に出てきた「リズム」
上ではリズムは外さないようにと書いていましたが
採点ではいちばん優先順位が低いです。

実際にリズムを外しただけの場合、
音程を外して歌った場合、
抑揚をひとつもつけない場合、
音楽を爆音にした場合と。

それぞれ検証してみましたが、
点数に直接影響を出してきたのは
やはり音程でした。

次に抑揚、音量の順です。

まとめ

f:id:sawamurajin:20170502234729j:plain

100点に限りなく近い高得点を狙うなら
5つのポイントをすべてクリアするのが必須です。

それでも90点以上の高得点と広い目で見るなら
音程と抑揚だけに注意すればほぼ大丈夫
ということになりますね。

高得点をとるにはなにが重要か、
それを意識して歌うのもなかなか大変なものです。