役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

現地日本人がおすすめ!ストラスブール(フランス)の楽しい観光コース

スポンサーリンク
 

フランスといえばパリ!
一度は行ってみたい憧れの街ですよね。

ですが、そのパリからTGV(フランスの新幹線)
に乗って2時間半ほどで
ストラスブール(Strasbourg)という

もう一つの素敵な街に行けるのです!

おすすめの観光地ストラスブールとは?

f:id:sawamurajin:20170523002627j:plain

ストラスブールアルザス地方の街
ドイツとの国境沿いに位置します。

歴史的にも、ドイツになったりフランスになったり
二つの国の文化が混ざり合った
とても素敵な街です。

2017年の4月、ストラスブールから
ドイツのケール(Kehl)という街まで
路面電車(Tram)が開通したことで
よりドイツとのつながりの深い場所になりました。

ストラスブールは観光地としても有名です。

徒歩圏内に色々な観光スポットがあるので
散歩しながら十分に楽しめます。

最も有名なのは
ストラスブール大聖堂(Cathedrale Notre-Dame de Strasbourg)

f:id:sawamurajin:20170523002629j:plain


その大きさと細かな装飾は一見の価値があります。
長い螺旋階段を登ると、市内を一望できる展望台に行けます。

教会というものにあまり馴染みのない日本人ですが
大聖堂の中もとても美しく
厳粛な雰囲気がただよっています。

ストラスブールといえば、かわいい街並み。

プティット・フランス(La Petite France)は
大聖堂から10~15分ほど歩いたところにあります。

アルザス地方の伝統的な家が並んでいる景色は
絵本の中の世界のようです。

コルマール(colmar)という街は
あの有名なジブリ映画ハウルの動く城」の
舞台となった街です。

f:id:sawamurajin:20170523002630j:plain



最近、日本でも広まりつつある
カラフルなたまごとウサギのデコレーションで有名な
イースター(フランス語ではPâque=パック)は
フランスでは大きな行事です。

コルマールでは4月のイースターの時期に
街をカラフルに飾って春のお祭りを開きます。

ストラスブールといえば
クリスマスマーケット。

中心街全体がイルミネーションで飾られると
伝統的な家が本当に絵本の中の

おかしの家のように見えます。

スポンサーリンク
 

ガイドブックには載ってない!?現地の人オススメの観光スポットは?

私がストラスブールに住んでいた時、
フランス人の友達に連れて行ってもらった場所を紹介します。

アルザス地方には
たくさんの小さな村があります。

その一つがオベルネ(Obernai)
とても歴史のある村で、
村全体が、お城の城壁で囲まれています。

ストラスブールから少し外に出てしまうのですが
オベルネに行くまでの道はブドウ畑になっているので
特に秋には道中も楽しめること間違いなしです。

お城もたくさんあります。
山や丘の上に建っているので
軽いハイキングとしても楽しめ、
頂上ではお城の周りでピクニックもできます。
フランス人もよくピクニックしています。

・オー・ケニグスブール城(Château du Haut- Kœnigsbourg)
・ギルスベルク城(Château du Girsberg)
・ホーランズブール城(Château du Hohlanndsbourg)

これらはすべて、
シンデレラ城のような豪華なお城ではなく
レンガ造りのお城です。

城跡と言った方が良いかもしれません。
修復されているところもありますが
壁や屋根が壊れたままのところが多く、
歴史を感じることができます。

ストラスブールの中心街は運河で囲まれています。

f:id:sawamurajin:20170523002628j:plain


ガラス張りのボートでのツアーもあり
1時間ほどかけて、街を見ることができます。

観光客向けのツアーなので
オーディオのガイドがついていて
日本語にも対応しています。

ボートツアーも良いですが、
運河沿いの道を散歩するのもとても気持ちが良いです。

芝生やベンチがあるので
ゆっくり座ることもできます。

5月から、とても日が長くなり
9時ごろまで明るいので
春以降、多くのフランス人は
この運河沿いに座りながら
食べ物を持ち寄って夜までおしゃべりしています。

レストランでの食事も良いですが
フランスでは、スーパーでお手頃に
おいしいチーズを買うことができます。

チーズは本当に種類が多く
好みがかなり分かれるので
少しずつ買うことをおすすめします。

チーズの他にもハムやパテなどもたくさん売っていて
バゲットのお供に最適です!

何日か滞在するなら、
運河沿いで持ち寄りディナーをすることを
おすすめします^^

基本的にスーパーは8時~9時に閉まるので
買い出しは早めにしましょう!

24時間営業のコンビニのようなものはありません!

ストラスブールには
たくさんの美術館や博物館があるのですが
毎月第一日曜日はなんと入場無料!

お城や、ストラスブール大聖堂の展望台の入場料も
無料になります。

その分人は多くなりますが、
お得に観光するなら、第一日曜日を狙うのも
ありですね!

ですが、注意しておきたいことが一つ。
フランス人は基本的に日曜日は働きません(笑)

中心街のカフェやレストラン、お土産屋さんは
空いていたりしますが
中心街でも服や雑貨店は閉まっていますし、
スーパーはどこも午前中しか空いていません。

中心街から離れると
カフェやレストラン、モール、パン屋、ケーキ屋、
本屋まで閉まっています。

営業しているのは、アジア系のレストランか
マクドナルドやスターバックスなどのチェーン店。

ちなみに、ストラスブールには
スターバックスは1店舗しかなく、
マクドナルドもかなり少ないです。

せっかくならフランスのオシャレなカフェやレストランに
行きたいですよね。

私たち日本人からすると、サービス業が日曜休み?!
と思いますが、フランス人にとって
休みは休みなのです(笑)

ストラスブールやフランス内の治安は?楽しく旅行する注意点は?

f:id:sawamurajin:20170502234729j:plain

最近は世界中のいたるところで事件が起きているニュースがあり
海外に行くことに不安を持っている人が多くなっています。

フランスでも数回にわたって事件が発生したので
フランスへ行くのにブレーキがかかりますよね。

ですが、正直なところ
ストラスブールにはその雰囲気はいっさいないです。

私自身、夜中に一人歩きをすることがあるのですが
(もちろん安全のためにしないに越したことはありませんが、、、)

身の危険を感じたことはなく
フランス人の女の子たちも
ストラスブールはとても治安が良いと言っています。

ストラスブールの中でも
区域によっては治安が悪いと言われているところもありますが、
中心地から離れているので
立ち寄らなければ問題ありません。

スリや盗難にも遭ったことがなく
私の周りでも聞かないので、治安は良い方だと言えます。

ですが、人が集まるところでは
やはり注意が必要です。

後ろのポケットに財布を入れていたり
カバンを閉めずに持ち歩くなどは
絶対にやめましょう。

ストラスブール市内は歩道の横に
自転車専用の道路があり、
自転車の利用者がとても多いです。

自転車の前や後ろに
台車のようなものを付けて、
子供を乗せて走っている人もいます。

歩くときは
車だけでなく自転車も注意しましょう。

スポンサーリンク
 

まとめ

ストラスブール
ほどよい大きさで、観光地でありながら
ゆっくり時間が流れている穏やかな街です。

季節によって様々な楽しみ方ができるので
とってもおすすめですよ!