役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

SNSで自撮りを投稿する女性は実は○○な心理状態になっている!?

スポンサーリンク
 

最近は当たり前のようになっている

セルフィ―(Selfie)いわゆる「自撮り」

 

ツイッターやインスタグラム、
フェイスブックなどのSNSでよく見けますよね。

今では観光地だけではく、いたるところで
夢中で自撮りしている女性を見かけますよね。

ちょうどいい距離や角度から
より完璧にセルフィを撮るための
“自撮り棒“ も登場するほど、
「自撮りブーム」が来ています。

自撮りをしない人にとっては
とっても不思議な光景ですよね。
撮っている姿を客観的にみると
ちょっと面白いような、、、

「セルフィ」はどちらかというと、
女性の文化ですよね。

なぜ多くの女性がセルフィを撮り
さらにSNSに投稿するのか。

その心理が理解できない!と思っている男性は
多いのではないでしょうか。

SNSで自撮りを投稿する女性は何が目的でやっているのか?

f:id:sawamurajin:20170515013543j:plain

世界中のセレブやモデル、
芸能人が自撮りをSNSに投稿するのは
もともと多くのファンがいるので
理解できますね。

宣伝でもあり、ファンサービスでもあります。

私も、
好きなモデルさんのインスタグラムを見るのが好きで、
もっと見たいと思っています。

ですが、いわゆる「一般人」
SNSに自撮りを投稿するというのは、
いったいどんな目的があるのでしょうか。

やはり、周りからの反応を期待しているのが
一番考えられますね。

SNSは投稿された写真や動画に対して
“いいね!”や“コメント”
をすることで楽しむことができます。

「かわいく」「オシャレに」に自撮りできた写真に対して
友達や、または知らない人からも
高評価してもらうことを期待しているのです。

私の友達に、自撮りが好きな女の子がいます。

彼女は「今〇〇にいます」という投稿に対して
写真は自分の顔だけで、背景が見えない、、、

という写真をFacebookにあげていて
思わず「場所と顔、関係ないじゃん!」と
つっこんでしまいました(笑

今何しているか、どこにいるか
ということよりも
「自分の姿を見てもらいたい」
という目的が強い傾向がありますね。

自撮りを投稿する女性に見られる心理や特徴は?

f:id:sawamurajin:20170515013544j:plain

・自信のある写真を投稿する
・周りからの反応が気になる

ということから
「承認欲求を満たしたい」
という心理状況です。

承認欲求とは
まわりから認められたい、尊敬してもらいたい
と、思う気持ちです。

人から褒められたり、評価されるのは
誰にとっても嬉しいことですよね。

誰もが持っている感情ではありますが
実は「自分に自信がない」証拠なのです。

自分に自信がないので、
周りからの「いいね」の数を、
自分の自信に繋げるのです。

評価してもらえることが嬉しくて
ますます自撮りするようになるでしょう。

SNSにセルフィを投稿する人の特徴は

・自己アピールが大好き

・かまってほしい、寂しがり屋

・他人(特に同世代の女性や友達)と比べたがり

・感情の起伏が激しい

ということが考えられます。

「自己アピールが大好き」
そうでなければ、SNSに自分の写真は上げませんね。
もちろん自己アピールはとても大切なことです。

ですが、この場合では
「不特定多数」の人に対して
自分の容姿のみをアピールしているということです。

「かまってほしい、寂しがり屋」
現代はSNSがとっても普及していて
いつでもどこでも「誰かとつながっている」
ような錯覚をおこします。

誰かに自分のことを見てもらいたい
誰かに気にしてもらいたい
と、無意識のうちに思っている人が
セルフィを投稿する傾向にあります。

「他人(特に同世代の女性や友達)と比べたがり」
セルフィを投稿している人は
他の人のセルフィも、もちろんチェックしています。

チェックしながら、
無意識に自分と比べてしまうものです。

自己満足であると同時に
「あの子よりかわいい」というように、
比べて格付けをしている人も多いのだとか。

「感情の起伏が激しい」
“いいね!”の数に一喜一憂したり
他の人の写真と自分を比べて一喜一憂したり
SNSに振り回されて、
感情的になりやすい傾向があります。

心理状態や特徴をみていくと
自撮り投稿が多いことは
「問題」がありそうな気もしますが
「笑顔」の自撮りをすることは
ポジティブな感情を作り出すという
嬉しい一面もあります。

人の一番素敵な表情は
「笑っている顔」ですよね。

せっかく自撮りするなら
目を見開いて大きく見せるより
くしゃっとした笑顔のほうが、
良い写真が撮れそうですね!

スポンサーリンク
 

自撮りする別の理由もあった!?アメリカの消防士の心温まる話とは?

一見、「自己アピール」のためだけの
自撮りのようですが
実は他の目的で撮られたセルフィが
とても話題になりました!

2014年5月14日、
アメリカ・カリフォルニア州サンマルコス近辺で
大規模な火災が発生しました。

数日間に渡って燃え続けて、
結果的に240万坪以上が燃えたほどの
大規模な火災でした。

そして、消火活動には大勢の消防士が出動しました。
その中の一人の消防士の方が
無事に消火が終わった後
セルフィを撮りSNSに投稿しました。

その背景には、
ご本人と一緒に消火活動にあたった消防士たち。

疲れた様子で地面に横になっていたりと、
その消火活動がいかに大変だったか
一目でわかります。

この1枚のセルフィは、
何のためにSNSに投稿されましたのか?


それは、家族に自分の無事を知らせるため。

すると、3万6000以上の“いいね!”と共に
たくさんの「ありがとう」という
感謝のコメントが集まりました。

ご本人の家族も
無事である知らせに安心したと同時に
彼のことを誇りに思ったはずです。

ありのままの姿の自撮りを公開したことで
多くの人が感動した、素敵なエピソードです。

まとめ

f:id:sawamurajin:20170515013545j:plain

SNSにセルフィを投稿することは
決して悪いことではありません。

ですが、あまりに夢中になってしまうと
要注意です。

SNS上の“いいね”を気にしてばかりいると
現実世界で周りの人がどう見ているのか
気付かないまま、エスカレートしてしまいます。

もちろん、
自撮りをしなくて理解できない人もいるでしょう。

セルフィはそれぞれの自由であり
一つの「趣味」なので、
やみくもに否定するのはやめましょうね。