役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

いびきは家族内で居場所がなくす!?防止するにはテープがおすすめ

スポンサーリンク
 

いびきは夜中に家族の睡眠を妨害します。

睡眠だけではなく、家庭環境まで破壊しかねません。

ですが、いびきにも防止策や解決策があります。

お父さん世代必見ですよ!

いびきが起こる原因と予防法は?

f:id:sawamurajin:20170506222308j:plain

【いびきが起こる成り立ち】としては
上気道とよばれる空気の通り道があります。

ここが、何らかの原因でせまくなるため
ここにかかる圧力は大きくなります。

実際、人間は呼吸をするとき粘膜が振動しますが
この圧力は振動音に大きく影響します。

この振動音こそ『いびき』の正体だからです。


★『いびき』が上気道の狭窄でおこることは
説明しました。

ただ、この上気道が完全に閉塞され酸素不足になり
それを繰り返すと睡眠時無呼吸症候群
という病気になってしまいます。

この『睡眠時無呼吸症候群』は
その名の通り寝ている時に
無呼吸状態になります。

症候群ということですから、
いろいろな症状を引き起こします。


★影響について

呼吸停止が繰り返されると
体は酸素が不足を補うために、
心拍数を上昇させます。

これは、いわばマラソンしているのと同じ状態です。

覚醒状態ですね。

寝ている本人は分からなくても、
脳や体にかかる負担は相当なものです。

寝ているつもりでも、
実際体は休息できていないのですから。


結果として、
日中に強い眠気やだるさ、
仕事に集中出来ない、
やたら疲れる
などの症状が現れます。


また自覚症状で分かることもありますよ。

寝ているとき:むせて起きることがある
       何度も目覚める
       息苦しくなり起きる

起きたとき:口がかわく
      スッキリしない
      寝た感じがしない
      体が重だるい


いびきが起こる原因には
以下のようなものがあります。

【いびきの原因】
メタボリックシンドローム

・下あごが小さい(小顔である)

・首の周りに脂肪がついている、または太い

・歯並びがわるい

・女性閉経後

・口呼吸、鼻症状

・飲酒、喫煙

睡眠薬の常用 など…

【予防法】

・ダイエット

適正な体重はメタボ改善につながり、
呼吸を楽にしてくれます。

しかし急激なダイエットは
リバウンドにつながり逆効果です。

長期間でのスローガンを掲げて
「ゆっくりコツコツ」の方が
自分のペースも出来て長続きしますよ。


・飲酒、喫煙の制限

寝ているときの筋肉は弛みます。

飲酒などによって
さらに無呼吸は助長されます。

控えることでリスクが下がるのです。


・抱き枕

仰向けに寝ているより、
横向き寝ている方が気道がつぶされずに
楽に呼吸ができます。

抱き枕などで上手く横向きにしてあげましょう。


・口呼吸、鼻症状改善

アレルギー性鼻炎などで
口呼吸すると咽頭が狭まり、
上気道が閉塞しやすいです。

耳鼻科で適切な治療を受け、
鼻呼吸になることで
呼吸はずいぶんと楽になりますよ。


睡眠薬常用中

かかりつけの医師と相談してください。
自己判断での中止や再開はやめましょう。

スポンサーリンク
 

いびき防止テープとは?使いこなして目指せ快眠!

 

今回ご紹介するのは鼻用のタイプです。

【ブリーズライト】

http://wwwgds.breatheright.jp/products/cool.html



これをキチンと貼れていれば
鼻の通りはなんと31%もアップするのです!

貼り方も丁寧に解説されていて
初めて使用される方でも
簡単にとり入れられます。


プラスチックの反発力で引っ張ります。

鼻を拡げて最大12時間使用が可能の
使いきりです!

まとめ

f:id:sawamurajin:20170506222306j:plain

いびきは放っておくと、
睡眠時無呼吸症候群になってしまうのは
お分かり頂いたとおもいます。

簡単にできる改善テープなら
すぐにでもはじめられそうですね。

家族の絆もテープでしっかり修復しましょう♡