役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

一生痛みが続く!?運動してないのに肩が痛い為に夜寝れない時の対処法

スポンサーリンク
 

男40歳・50歳にもなると、
40歳肩・50歳肩に悩まれる方も
多くなるのではないでしょうか。

私もその一人です。

肩の痛みやしびれ、
肩が上がらないといった症状ですね。

もっと悪化すると、夜寝ている時に、
この症状が出て眠れないことも・・・。

本日は、
肩が痛い上に夜も寝られない時の対処法について、
ご紹介します。

寝れないほどの痛みの原因とは

f:id:sawamurajin:20170508220215j:plain

まず、40歳肩・50歳肩の主な原因ですが、
次の大きく2点です。

・患部周辺の炎症反応悪化

・肩関節周辺の循環の悪化

次になぜ寝ているときに肩が痛むのかといいますと、
寝ているときに腕の重みで肩や腕の筋肉が
引っ張られることが原因です。


また、就寝中は血圧や脈拍が低下するので
血液やリンパ液などの循環が悪くなり、
40歳肩・50歳肩を更に悪化されるのです。

肩が痛く、寝られないほどの症状を
「夜間痛」といいます。


40歳肩・50歳肩の発生は、次のような流れです。

肩の周辺を損傷する(老化による劣化といってもいいでしょう)
肩の痛みを感じる
肩関節の可動が悪化し、血液やリンパ液の循環が悪くなる

スポンサーリンク
 

今すぐに実施すべきこととは?

肩が痛く、寝られない「夜間痛」の対処法を
紹介します。

痛みを和らげて、就寝する方法です。


<寝る前にできること>

・お風呂に入って温めましょう

お風呂で、血液循環を良くします。

ポイントは、
あまり熱くないお湯に長くゆっくり入ることです。

また、夏場でもクーラーや扇風機で
あまり肩を冷やすと、
血液循環が悪くなり痛みが発生しますので、
注意しましょう。


・肩を軽くまわす運動をしましょう

負荷がかからない程度で軽く運動することにより、
関節液の循環が良くなります。


<寝る時にすること>

上向きに寝る場合は、肩関節が伸びると痛むので、
肩から肘のところに支えるものとして、
クッションを下にひきましょう。

横向きに寝る場合は、腕の重みで伸びるので、
上側の腕にクッションを入れましょう

尚、痛みのある肩を下して寝ると
痛みが悪化しますので、絶対にやめましょう。

その他、抱き枕で腕を安定させて寝るのも
効果あります。


ご紹介したこれらの方法は、
あくまでも一時的な対処法です。

まとめ

f:id:sawamurajin:20170508220214j:plain

肩が痛く、寝られない「夜間痛」が発生する状態は、
かなり40歳肩・50歳肩が悪化しているということですので、
出来る限り早く病院・治療機関に行くことが大事です。

病院では、痛み止めの薬も出ますし、
夜間痛が発生したら、
次の日でも病院・治療機関に行って、
早く、治療することをおすすめします。