役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

高齢者の親に運転免許を返納するよう説得する極めて重要なポイント!

スポンサーリンク
 

みなさんの両親は車の運転をしていますか?

自動車の事故は
取り返しのつかない事態になることも少なくないです。

今回は高齢者ドライバーの運転について
紹介していきます。

高齢者の老人が自動車で事故を起こすニュースが多いのはなぜ?

f:id:sawamurajin:20170509223800j:plain

近年、高齢者ドライバーが事故を起こすニュースを
見る機会も増えてきました。

なぜ高齢者の自動車事故が減らないのでしょうか。

日本は現在少子高齢化が進み、
高齢者の人数が増えてきています。

そのため、免許を持っている
高齢者ドライバーの数も増えています。

年を重ねると、
空間認識能力や注意力、反射神経などの
認知機能が低下していきます。

このような認知機能は
運転にとても重要な能力です。

自分は運転が上手いから大丈夫!
と自信を持っている高齢者ドライバーも多いですが、
自分の能力をしっかりと把握していないと大変危険です。

自分でも気が付かないうちに
認知機能が低下しており、
結果事故に繋がってしまうことがあります。

道路交通法では
75歳以上の高齢運転者には免許更新の際に、
認知機能検査を行っています。

しかし仮に認知機能に多少問題あり、
となっても一定の違反行為がない限り
免許が取り消されたり停止させられることは
ほとんどありません。

また、医師の診察により運転が可能、
と認められると運転をすることができます。

認知機能検査は免許更新時だけなので、
更新時から次回の更新までの3年は
検査もなく運転をすることができます。

現在警察では、
高齢者の運転免許証の自主返納を
推し進めています。

免許証を警察に返納し、
代わりに運転経歴証明書
交付するというものです。

この運転経歴証明書は身分証明書にも使え、
今まで運転免許証を身分証明書に使っていた方でも
問題のないようになっています。

しかし、免許を自主返納する高齢者はほとんどいません。
その主な理由が、車がないと生活が困難になるからです。

地方はバスや電車は廃線となることも多く
公共交通機関が不十分で、
車がないと困る場所が多いです。

免許返納者のための自治体や企業のサポートも
実施されていますが、
まだまだ普及しているとはいえません。

また、そのサポートを知らない方も多いです。

そのため、運転免許証を返納する人が少なく、
車を運転する高齢者が減らないのです。

親に運転をやめさせたい時に説得する方法とは?

f:id:sawamurajin:20170509223759j:plain

親が高齢になってきて、
車を運転しているとなると
心配になってしまいますよね。

親に運転をやめさせたい場合、
どうすればいいでしょうか。

免許証を返納するのが一番いいのですが、
そう簡単に返納してくれるとは思えませんよね。

まず、両親がなぜ車が必要なのか
理由が大事になってきます。

近くに交通機関がなく、
買い物や病院に行けなくなることや、
単純に運転が好きだから、
などいろいろあります。

それらの問題を車がなくても大丈夫、
と理解してもらうことができれば
免許証を返納してくれる可能性が上がります。

買い物に行けなくなる、
というのはネットスーパーや宅配などで対応できます。

そう遠くないのであれば、
自転車や徒歩で行くようにするのも
健康にいいですよね。

通院などでバスやタクシーを利用する場合、
免許証を返納したときに交付される
運転経歴証明書を持っていると
割引を受けられることがあります。

車は維持費がかかりますので、
もしかしたら公共交通機関やタクシーを利用したほうが
金銭的な負担が減ることも十分ありえます。

免許証を返納した方のためのサービスを
実施している自治体や企業も増えてきています。

バスやタクシーの割引だけでなく、
レストランや温泉施設での割引など、
様々な優待が多くあります。

両親の住んでいるところでは
どんなサービスやサポートがあるか
調べてみてくださいね。

車の運転が好きな人が
免許証を返納して運転しなくなると、
鬱になってしまう場合もあります。

車の運転が生きがいになってしまっている場合、
運転の代わりとなる別の趣味を探すのがいいしょう。

簡単に見つかるものではないかもしれませんが、
両親とじっくり話したり、
出かけたりして一緒に趣味を探すといいですね。

このように、車がなくても生活には困らないよ!
と両親に伝えてみてください。

スポンサーリンク
 

親に運転をやめさせたいが説得できなかった時の対処法は?

免許証を返納した後の生活について説明しても、
返納してくれなかった場合は

どうすればいいでしょうか。

頑なにまだ大丈夫だから車を運転する!
と言い張る両親に、
どうしても運転をしてほしくない場合は
強硬手段しかありません。

車のキーを取り上げて、車を売ってしまえば
もう運転することはできなくなります。

その後、免許証を返納させます。

手荒ですが、
この方法が一番手っ取り早いです。

そこまでしなくても・・・と思う方は、
両親に車を運転する機会を
減らしてもらうのがいいでしょう。

自分が足となり送迎をし、
両親が運転をする機会をなくします。

また、移動の際はタクシーを使ってもらうために
援助をするなどでもいいです。

そうしてご両親に車がなくても
生活できる環境を作ってあげると
車を運転する機会がなくなります。

説得しても返納してもらえなかった場合、諦めるか
自分が動いて両親に車を使わせないようにするしかありません。

どちらにせよ、
車が使えなくなった両親のフォローを
しっかり考えないといけませんね。

まとめ

これから今以上に
免許返納者に向けたサービスが充実して、
車がなくても生活できるような環境が
整備されるようになります。

環境が整えば、
免許証を返納してくれる高齢者も
きっと増えることでしょう。

高齢者が起こす悲しい事故を
少しでも減らしたいですね。