役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

中学生でもわかる!自動運転の現状は?普及に向けての課題は?

スポンサーリンク
 

現在、世界の自動車メーカー各社が
開発を進めている自動運転技術。

日本でもすでに
運転サポート・アシスト機能としての提供が
始まっていますが実用化するには
まだまだ様々問題があります。

自動運転について紹介いたします。

自動運転でどんなニュースが?日本国内の現状は?

f:id:sawamurajin:20170609232637j:plain

世界中の自動車メーカーが
開発を進めている自動運転車、
ニュースでも取り上げられているのを
見たことがあると思います。

日本での自動運転車の現状は
どのようになっているのでしょうか。

自動運転車というと
無人運転のことを指している

と考える方も多いと思います。

自動運転は4段階に分かれていて、
衝突被害軽減ブレーキに代表される
安全運転支援のレベル1~3、
人の操作がいらない完全自動運転のレベル4
となっています。

安全運転支援はすでに一部の市販車に
取り入れられています。

日本政府は成長戦略の一環として
実用化に向けた取り組みを行っています。

2015年には経済産業省国土交通省
共同で設置した自動走行ビジネス検討会で
今後の取り組みの方針などが発表されました。

2020年前半にはレベル3の実用化、
2020年後半以降にレベル4の試用開始とされています。

東京オリンピックでは
自動運転による移動サービスを可能にするため、
2017年までにインフラ整備をすることも発表しています。

自動運転で事故になったら責任はどこになるの?

f:id:sawamurajin:20170609232640j:plain

自動運転車に乗っている時に
事故が起こってしまった場合には、
被害者に対する責任は誰にあるのでしょうか。

また、従来の自動車保険などは適用されるのでしょうか。

〔現行の損害賠償制度〕
現行では対物事故の場合は
過失が認められる者が損害賠償責任を負うとされています。

対人事故の場合は、
運転により他人の命や身体を害した時には
多くの場合は自分が所有している車を
運転していたドライバーが損害賠償責任を負います。

ドライバーがその責任を逃れるためには、
運転者が注意を怠らなかった、
被害者や第三者に故意に過失があった、
車に機能の障害がなかったということを
立証しなければなりません。

そのため、認められるのは稀なケースです。

つまり、車を運転している時
ドライバーが責任を負っている
ということになります。

〔自動運転車で事故が起こった時の責任〕
自動運転車で事故が起こってしまった時の責任については、
まだ正式には決まっていませんので、
現段階での議論を紹介します。

自動運転技術にはレベルが設定されていて、
そのレベルによって責任の在りかが異なってきます。

・レベル1~3の対物、対人事故
ドライバーが加速、操舵、制動のプロセスに
関与するということが考えられるため
事故の過失はドライバーにあると考えられます。

・レベル4の対物事故
レベル4になると完全自動運転技術が導入されているため、
ドライバーという概念がなく、
運転についての過失はなく、
自動運転装置の機能を維持するための
注意義務を果たしていたかということが問われます。

つまり、
被害者は加害者が注意義務を果たしていたのか、
自動運転のソフトウェアに問題があるのか、
ハッキングなどの不正がなかったのかなど、
様々な調査をしなければならなくなります。

被害者は調査のために、
これまで以上に時間や費用を負担しなければならないのです。

・レベル4の対人事故
完全自動運転技術が導入されているため、
ドライバーは存在しませんが
レベル4の対物事故と同様になります。

 


〔従来の自動車保険は適用される?〕
従来の自動車保険
損害賠償責任を負う場合に、
その損害を補填することが目的とされています。

そのため、レベル1~3の場合には
事故を起こしてしまった場合、
損害賠償責任を負う可能性が高いため、
従来の自動車保険が適用されると考えられています。

しかし、レベル4の場合には
ドライバーに法的責任が生じない可能性もあるため
従来の自動車保険では救済されない
という事態が発生する可能性もあります。

 


〔新たな自動車保険が登場〕
自動運転技術の開発が進む中では
一部の保険会社では
新たな自動車保険も登場しています。

被害者救済費用等補償特約という特約が開発され、
すべての自動車保険に付与することができると言います。

自動運転車に欠陥やハッキングなどが生じて起きた事故で
被保険者に賠償責任がない状況で、
被害者に対する補償を提供するための費用を
補償するという内容になっています。

スポンサーリンク
 

自動運転の普及に向けての課題は?

自動運転車の実用化に向けて、
日本ではまだ様々な課題が残っています。

無人運転車と人間が運転している車の事故〕
自動運転車と人間が運転している車が
道路上で事故を起こすということは
十分に考えられます。

実際に実験中にも事故が起こっているのです。

人はまさか実験車が車線を越えるとは思わなかった、
実験車は人が止まってくれると思った
ということから起きた事故です。

実験車は人の判断が人それぞれである
ということを理解できなかったとされています。

また、実験車は絶対に交通ルールを守って走りますが、
人間のドライバーは制限速度以上で
走り追い越すというようなこともあります。

つまり、人間の運転は気まぐれなのですが、
それに柔軟に対応できるようなシステムをどう作りあげるのか
というのは大きな課題となっているのです。

〔ドライバーとコンピューターの混在〕
レベル1~3の場合には、
自動運転中はシステムが責任を持ち、
ドライバーが運転する時には
ドライバーが責任を持つことになります。

現在の自動運転技術では
高速道路、人の少ないところでは十分に対応できますが
人通りの多いところや繁華街などでは
ドライバーに運転交代を求めることがあります。

システムは事前にアラームを鳴らし
運転交代の合図をしますが、
ドライバーがぼんやりしていたり、
携帯をいじっているなど他に注意がいっている場合には
ドライバーがパニックを起こし
危険な状態になるということも考えられます。

このような事態を避けるためには、
システムがドライバーの様子を察知し
運転交代の可能性を判断し続けなければなりません。

しかし、そのためには人の心理などを理解する
高度なシステムが必要となるのです。

まとめ

いかがでしたか?

自動運転技術は日本でも
次々と開発が進められています。

しかし、実用化するまでには
まだまだ様々な課題も残っている状況であり
自動車メーカーだけではなく、
安心安全な車社会のために保険会社などでも
新たな動きが見られそうです。

スポンサーリンク