役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

家を買わないほうがいいってホント!?賃貸か持ち家か賢い選択とは?

スポンサーリンク
 

家を買うことを目標にして
日夜頑張っている人も多いですが、
最近は家を買わず賃貸していくことを
決めている人たちも増えています。

家を買うのか、
それとも賃貸で暮らしていくのか、
賢い選択をするための
ポイントをご紹介していきます。

家を買わないと老後になってから不安が増える!?

f:id:sawamurajin:20170515021333j:plain

賃貸を借りるのは、
老後になると難しいと感じ、
老後に備えて家を買おうと考えている人は
多いのではないのでしょうか?

特にローンのことを考えると、
30代ぐらいで家の購入を
考えている人が多いと思いますが、
家を買わないと老後になってどのような不安が増えるのか、
ご紹介していきます。

老後になって一番の心配は収入のことです。
働けなくなってから生活にかかる費用は、
年金と、自分の貯蓄、家族の仕送りで
まかなう人がほとんどです。

しかし、国から支給される年金は年々減少し、
今の30代が老後を過ごす頃に
年金の制度があるのかさえもわからない状況です。

また、老後に備えて十分な貯蓄ができるほど
高収入を手にしている人も、
この長引く不況により少なくなっています。

そして老後に面倒を見てもらう子供がいない人や、
子供はいても老後子供の負担になりたくないと
考えている人も多いのではないでしょうか?

以上のように、老後の生活は経済面で不安があるため、
なるべく支出を減らしたいと
感じている人がたくさんいます。

特に老後になって収入が減って、
家賃を払い続けることに対して
不安を感じている人が多く、
老後収入がなくなっても家があれば、
住むところは確保されます。

老後の生活拠点を確保するため、
経済的負担にならないように
ローンが払い終わるよう計画を立てて
30代ごろから家を買うことを
検討する人が多くいます。

家を買わない人の本当の理由とは?

f:id:sawamurajin:20170515021335j:plain

老後の不安に対応していくために
30代で家を購入する人が多くいる中、
家を買わずに生活する道を選ぶ人も
増えてきています。

家を買わない人は、
今後も転勤など引っ越しする可能性があったり、
資金の都合がつかないなど
様々な理由で買わないことを決めています。

そして、意外なのが
家を買っても一生その家に住むことは
難しいと考えている人が多いことです。

日本は災害大国です。
近年、地震をはじめ豪雨災害、
土砂崩れなど災害によって
せっかく購入した家にも
住めなくなった人もたくさんいます。

家には住めなくなったのに
ローンだけは残るという最悪の事態に
見舞われている人もいます。

そのような状況を危惧して
家の購入を見合わせている人もいるのです。

災害に合わなくても
30代に建てた家を老後になって
手放す人も多くいます。

これは一軒家に多いのですが、
30代に家を建てる際に
老後の生活がイメージできず、
老後になって一軒家での生活が難しくなって
家を手ばなす人もいます。

本当の理由は人それぞれあるのですが、
以上のような理由で家を
購入しない人が多くします。

スポンサーリンク
 

家を買うか買わないか人生設計に基づいた賢い選択とは?

では、本当は家を買うのか買わないのか
どのようにしていけばいいのでしょうか?

それぞれの人生設計に基づいて
考えていきましょう。

今後ずっとその土地で生活し、
家族構成が変わらない人
家を購入しても価値があるでしょう。

家の購入するのは大体
20代後半から30代全般にかけての時期に行います。

その段階で老後の生活も考えられる人は、
思い描いている老後の生活にも適している家を
購入するといいでしょう。

しかし子供は成長し、自分自身も年老いていきます。

庭付き一戸建てを購入して生活していたけれど、
年老いていくと庭の手入れや
2階へ上がることも難しくなります。

まだ若いころは快適に過ごせていたけれども、
歳をとり不便になってきたために
せっかく購入した家を手放す人も多くいます。

老後に戸建ての家での生活や
家の維持が難しくなることを見越して、
30代に家を買うときに
参考にしたいポイントをご紹介します。

1つ目は、
老後の生活を考えて、
利便性の良いマンションを購入することです。

戸建てに住んでいたり、
利便性の悪いマンションを購入した場合
車が生活の必需品となります。

しかし高齢者の交通事故が
社会問題になっているように、
高齢になってからの車の運転は
とても危険になります。

そのため老後の生活を意識するには
公共の交通機関が発達しており、
近隣にスーパーなどがある
利便性の高い土地で家を購入することを
検討する必要があります。

2つ目は
老後に家を売却することを考えて、
資産価値の高い家を購入することです。

30代で快適な家が
老後は不便になることを説明してきましたが、
今快適な家に住みたいと考えている人も多いでしょう。

そんな人には売却することをあらかじめ想定して、
家を購入することをお勧めします。

資産価値がある物件は
建物の設備よりも立地が重要になります。

駅近辺の物件は資産価値が高く、
状況によっては購入時よりも
高値で売却することも可能です。

我が家もいずれ引っ越し売却することを踏まえて、
すこし手狭ですが、駅近くのマンションを
購入して住んでいます。

しかし、資産価値のある物件は
購入する際に費用も掛かります。

そのためいずれ老後の生活に応じた家を
買うつもりでいるのならば、
今、快適に暮らせる家を借り、
老後のために貯蓄するという方法もあります。

この際注意しないといけないのは、
老後家を買うときはローンの審査が
難しくなるということです。

ローンの審査が厳しくなることを考えて、
なるべく貯蓄をして老後の
住宅購入に備えておく必要があります。

家を買うにしろ買わないにしろ、
どちらにもメリット・デメリットがあります。

自分の経済状況や将来設計に応じて
賢い選択をして下さい。

まとめ

f:id:sawamurajin:20170515021337j:plain

持ち家か賃貸かという議論は昔からありますが、
なかなか決着のつかないテーマです。

家を買うのか賃貸に住むのか
それぞれにメリット・デメリットがありますので、
自分の人生設計と合わせて
よく考えてみてくださいね。