役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

本当に手遅れになる前に!?生命保険の見直しのポイントは?30代編

スポンサーリンク
 

生命保険に入っていますか?

入っている方で見直しをしたことありますか?

社会人になって働いている人の中で
見直しをしている人は
どのぐらいいるのでしょうか?

ここでは30代での生命保険の見直しについて
ご紹介していきます。

実は生命保険の見直しをするべき時期があった!?

f:id:sawamurajin:20170515020229j:plain

生命保険は万が一のために加入していることが多いですが、
加入しっぱなしで見直しなんてしたこともない人が多いです。

加入するときに十分考えたから、
見直しなんて必要ないと考えている人も
いるのではないのでしょうか。

一般的に保険は
ライフステージによって必要な保障や
金額が変わってきます。

適切な時期に見直すことで、
それぞれのライフステージに必要な保障を受けたり、
保険料が安くなったりすることができます。

30代になると
結婚や出産、出世や転職など
人生における大きなライフイベントが
多く起こります。

30代で起こるライフイベントの中で
保険を見直す必要がある時期について
ご紹介していきます。

まず、保険を見直す時期として重要なのは、
結婚するときです。

結婚するまでは
自分一人が困らないような保険に
入っている人が多いですが、
結婚するとお互い守るべき存在ができます。

自分に万が一のことがあっても
相手が困ることがないように
保険に入るのはとても大事なことです。

結婚が決まれば早急に2人で
保険の見直しを行いましょう。

次に大きなライフイベントは妊娠、出産です。

配偶者のほかに子供という、
守らなければいけない存在が増えます。

そして、子供が成人するまでに
とてもお金がかかります。

子供が小さい間は万が一に備えて
死亡保障が十分にある保険への加入を
検討してみてください。

仕事の面では30代になると出世したり、
転職を考えたりする人も多いですが、
出世や転職の時期にも
保険を見直すのに適している時期です。

出世することで給与が増えることが多く、
今まで経済的に厳しく
保障が十分受けられないかった場合も、
経済的に余裕ができれば
十分な保障を受けることも可能になります。

逆に転職をする場合
給料が不安定になる場合もありますので、
保険料を節約することを目的に
保険を見直す必要があります。

また住宅の購入の際に
保険の見直しをする場合も多くあります。

住宅を購入する際、
多くの人は住宅ローンを利用しますが、
ローンの借り入れを行うことで
家庭の経済状況が大きく変わります。

そのため住宅ローンの相談の時に合わせて
生命保険の見直しを行う場合が多いです。

30代は人生において
大きなライフイベントが起こる時期ですので
それぞれの時期に生命保険を見直しましょう。

知らないと必ず損する!?生命保険の見直しで減額も簡単!?

f:id:sawamurajin:20170515020230j:plain

生命保険料を見直すことで、
支払っている保険料が減額することがあります。

一番わかりやすいのは、
生命保険の見直しをすることで

いらない保障を解約し、
保険料を減額することができます。

減額すること部分に対して
解約返戻金がある場合、
それを受け取ることも可能です。

スポンサーリンク
 

実例!我が家はこう考えて保険の見直しを行った!

我が家の場合、
実は主人がファイナンシャルプランナー
家族みんなの保険を適宜見直しています。

プロである主人は
結婚、妊娠・出産、家の購入、私の仕事復帰の際に
保険の見直しを行いました。

結婚、妊娠、出産での見直しでは
今後子供や配偶者である私が困らないように
死亡保険については十分な保障を付けてくれています。

見直しの際には必ずライフプランニングを行って、
今後の生活において必要なお金を計算
保障を決めていました。

万が一に備えるほかに、
私や子供たちのライフステージにおいて
必要なお金を計算し、
教育資金に充てるための学資保険に加入したり、
解約返戻金のある保険に加入したりしています。

一般的に子供の医療費は
自治体によって変わりますが、
子供が小さい間は入院しても支払う金額が少なく、
子供の医療保険に加入する人も少ないですが、
我が家の場合はしっかりと保障されている
医療保険に加入していました。

そして実際子供が病気をして入院をしてしまいました。

実際医療費は7日入院して
5,000円程度でしたが、
その間私は仕事ができず、
その月の給料は半分以下になっていました。

しかし医療保険に加入していたことで、
その月働けなかった分の少なくなっていた給料が
補えるほど保険金が支払われ、
とても助かったことがありました。

病気や入院、亡くなるに関連して起こるリスクを考えて
保険に入る重要性について実感した出来事でした。

保険について詳しくない人は
加入している保険の担当者や、
相談に乗ってくれる業者に行き、
保険の見直しをすることをお勧めします。

まとめ

f:id:sawamurajin:20170515020231j:plain

保険料は目に見えない保障というもののために
とても大きな額を支払います。

そのためにできることなら
無駄のないようにしたいと考えている人も
多いのではないでしょうか。

しかし、
保険料の支払いを減額させることにばかり気を取られて
見直しているといざという時に
必要な保障を受けることができずとても困ってしまします。

万が一の時に困らないように
専門家に相談し、
保険の見直しをすることをお勧めします。