役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

知らずに実施すると激しい後悔に!?遺伝子検査のメリットとデメリット

スポンサーリンク
 

近頃よく耳にする「遺伝子検査」
医療の発達により、コストも大幅に下がり
誰でも手軽に受けられるようになりました。

生きていくうえで、様々な病気にかかる可能性がありますが
その原因の一つであるとされているものが「遺伝子」

この遺伝子を調べ、どんな病気にかかりやすいかなどを
前もって知ることで、病気を防ぐことができるようになりました。

遺伝子検査の方法もとっても簡単になりました。

・インターネットなどから遺伝子検査の申し込み

・自宅に検査キットが届く

・唾液または口の中の粘膜を軽くこすってDNAの採取

・返送し、それを事業者が解析

・結果報告

という流れです。

遺伝子検査でわかることは

・体質や外見(肥満、肌質、薄毛など)

・性格

・多因子性のがん(環境と遺伝の両方が要因となるがん)

生活習慣病のリスク

などがあげられます。
なぜそんなことがわかるのか不思議ですよね。

体質や外見がわかるのは、
遺伝子に容姿や性質に関するデータが含まれているため

性格がわかるのは

性格に影響を与えるドーパミンセロトニンなどの
遺伝子の組み合わせをみることができるため

病気がわかるのは

異常のある遺伝子を発見できるため

と言われています。

遺伝子検査を受けることで得られるメリットとは?

f:id:sawamurajin:20170510090807j:plain

一番のメリットは、
かかりやすい病気のリスクを知ることができ
未然に防ぐことができる点です。

中でも、自覚症状がなく、
発症していても発見が遅れる可能性のある病気に
かかる可能性を知ることができるのは
大きなメリットです。

とある有名なハリウッド女優は遺伝子検査を実施し
乳がんのリスクが高いと発覚。
未然に防ぐために、乳腺除去手術を行いました。

生活習慣を見直すきっかけにもなるでしょう。

食事法や運動法など、
自分の健康を維持する方法がみえてきます。

体質を知ることにより、
より効果的なダイエットをすることもできますね。

「同じようにダイエットしてるのに、自分だけ痩せない、、、」
という経験をしたことはありませんか?

遺伝子検査で
自分に一番合ったダイエット方法を
発見できるかもしれません!

自分の性格を知ることも、
自分と向き合う良い機会になるでしょう。

自分の感情をコントロールしやすくなれば、
感情的にならずに済みますね。

また、人と付き合っていくうえでも
「性格には遺伝子が関係している」と知っておくと
よりよい人間関係が築けそうですね。

さらに、今、多くの人が遺伝子検査を受けることによって
より多くのデータが集まることになります。

それは、将来的に遺伝子検査のクオリティの向上につながり
より精密な遺伝子検査によって、
もっとたくさんの人の命が救われる可能性も
十分に考えられます。

遺伝子検査を受けることで得られるデメリットとは?

f:id:sawamurajin:20170510090808j:plain

忘れてはいけないのは、
「遺伝子」は最も重要な

「個人情報」であるということ。

名前や住所、指紋などよりも
はるかに適格に「個人」を特定することができます。

現代社会では、いろんな場面で
個人情報が漏れてしまっています。

遺伝子の検査会社から
自分のデータが外に出てしまう危険性
十分に考えられます。

持病をもっていたり、
現在なんらかの病気を患っていると
生命保険に入ることが難しくなりますね。

遺伝子検査の情報により、まだ発症していないのに、
今後の発症の「リスク」があるとわかってしまうと、
加入を断られる可能性もあります。

関わる相手を遺伝子レベルでみてしまうと
様々な場面で差別されることが懸念されます。

・雇用
やはり、企業は健康で長く働ける人を
雇いたいと思うものです。

・婚姻
結婚後、夫婦ともに健康で
長生きしたいと願う人は多いでしょう。

さらに、遺伝子となると
生まれてくる子供にも大きく関係します。

その点から、
やはり健康な遺伝子を持った人と結婚したい
と考えるのが一般的ですね。

精神的なストレスにもつながる可能性があります。

もし病気になるリスクが高いと診断されたら
やはり将来の事が心配になります。

気を付けるきっかけにもなりますが、
同時に過剰に気にし過ぎて
心が不安定になってしまう危険性もあります。

もう一つ、遺伝子検査を受ける点で
知っておかなければならないことがあります。

メリットで挙げた、
有名なハリウッド女優さんの例ですが
実は、検査キットでできる
個人むけの検査の対象ではありません。

医療機関での医師による診断が、
法律で義務付けられています。

医療関係者ではない人にとって、
どこで線を引かれているのか難しい話ですが

単一の遺伝疾患や、生活習慣は関係なく
遺伝のみを要因として発症する可能性が高い病気に関しては
検査キットによる検査は行っていません。

残念ながら、
医療機関での遺伝子検査は
健康保険の適用が限られています。

スポンサーリンク
 

遺伝子検査の期間や費用は?検査キットはどこがいいの?

検査結果は、DNAを返送してから
数週間~2ヵ月くらいでわかります。

費用は項目数によって幅があります。

肥満遺伝子などの体質を知る検査
 5,000~1万円ほど

・病気+体質(検査項目少なめ)
 1万~2万円ほど

・病気+体質(検査項目多め)
 3万~5万円ほど

どこの会社の検査キットを選ぶと良いか、
ポイントがいくつかあります。

・自分が検査したい内容と合ったキット

・国内で解析をおこなっている会社

・継続的に検査結果をアップデートしてくれる会社

・カウンセリング、アフターフォローの整った会社

遺伝子検査会社で有名なものを紹介します。

ジェネシスヘルスケア ‐GeneLife(ジーンライフ)

DeNAライフサイエンス ‐MYCODE(マイコード)

・DearGENE(ディアジーン)

・Genequest(ジーンクエスト)

それぞれの会社には様々な商品があります。
自分の検査目的と合わせて選んでみて下さい!

まとめ

f:id:sawamurajin:20170510090809j:plain

「備えあれば患いなし」という言葉があるように
対処できる病気ならば、予防したいですよね。

遺伝子検査の結果は、一度受けたら一生ものです。

メリット・デメリットをふまえて
後悔しないよう、考えてみて下さい。