役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

クレジットカード情報が企業から流出した時に絶対にすべき対応は?

スポンサーリンク
 

みなさんクレジットカードはお持ちでしょうか?

最近ではクレジットカードのみのお支払いなどもあり
使うことがなくても、
1枚は作ったことがあるのではないでしょうか。

しかし度々ニュースになる個人情報の漏洩。
クレジットカードの不正使用。

こんなニュースを見かける度
もし情報が流出して使われたらどうしよう
と不安になります。

私も財布に3枚ほど忍ばせています。

とりあえず今出来ること、
事前に予防できること、
実際に自分に関わるような
漏洩事件があった時の対処をご紹介します。

過去に起きたクレジットカード情報が漏洩した事例とは?

f:id:sawamurajin:20170519015817j:plain

実際過去にあったクレジットカード情報の流出事件

海外では
・アメリカのホームセンターで4000万枚のカード情報が漏洩!!
規模が大きいです。
カード裏に記載されている
セキュリティ番号も流出されていました。

・    韓国では1億4000万件のクレジットカード情報が漏洩!!
外部委託業者の社員が漏洩させた事件で
アメリカを上回る被害件数です。

奇跡的に不正利用があったとの情報はない。

国内では

東京ディズニーランドの映画館で
2432件のカード情報が流出。

セキュリティ番号も盗まれていました。
サーバーへの不正アクセスにより流出されました。

・国内の有名なホテル4か所でカード情報の漏洩。
カードで支払う時のPOSレジで
情報を抜き取るウイルスPOSマルウエアによるもの。

東急ハンズが運営するサイトで861件の個人情報の流出!
第三者からの不正アクセスにより漏洩。
10数件の不正利用があった。

・チケットぴあが関わる関連ネットサイトで
なんと15万件のカード情報が流出。

不正利用が630万円の不正利用が発覚しました。

他にもまだまだあります。
国内でも多くありました。

カードが使える所では
情報が漏れる可能性はどこでもあります。

自分で予防することはできるのでしょうか?

クレジットカード情報が流出する原因として考えれる事は?

f:id:sawamurajin:20170517213027j:plain

・カードの紛失や盗難
これは予防できますね。
気付いたらすぐに対応しましょう

スキミング
ATMはもちろん。
電車などで読み取られるケースもあります。
気付かないうちに行われると防ぎようがないですね。

・ネットでの買い物
便利なネット通販。一番お手軽なクレジットカード。
怪しいサイトには気をつけましょう。

・個人情報の流出
クレジットカードを利用すれば
信販会社などに情報が蓄積されます。

または引き落としの設定などで
カード番号等個人情報を記載し登録します。

そこから漏れる個人情報の漏洩。


などです。
怖いからクレジットカード無しで過ごす!!
という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最近ではカードのみお支払い可とか、
クレジット機能付ポイントカードなど、
使わないで過ごすのも
不便を感じるのではないでしょうか?

きちんと対処、予防を頭に入れておけば
クレジットカードは怖いものではありません。

次に対処方法、予防方法をご紹介します。

クレジットカード情報が流出した時に絶対にするべき対応とは?

f:id:sawamurajin:20170519015813j:plain

クレジットカードの漏洩などに
巻き込まれた可能性があれば
すぐにカード会社へ連絡し
利用が出来ないように止めてもらいましょう。

慌てなくても大丈夫です。
国内の各クレジット会社は盗難保険が付いています。

不正利用で使われたお金は
払わなくても保証してくれます。

カード会社によって申請の期間などが変わるため
不安な方は事前に確認しておくと良いですね。

尚、勘違いしている人も多いのですが
クレジットカードから個人情報は読み取れません。
カード番号やセキュリティ番号など、
カードの情報のみです。

クレジット機能を止めてもらう時に
ついでにカード番号変更も申請しておくと
すぐに新しい番号で再発行してもらえるので
後々便利です。

スポンサーリンク
 

クレジットカード情報が流出しても被害を最小限にする予防法は?

まずは毎月のカード利用明細を
きちんとチェックするようにしましょう。

最近では紙面ではなくWeb明細も増えました。

自分からサイトへチェックしに行かないといけないので
放置している方が多いです。

犯人達もカード会社や被害者にばれないよう
小額を使うケースが多く頻繁に
コンビニ等でクレジットカード支払いをしている方は
注意が必要です。

毎月明細をチェックすることで大きな被害になるのを
防ぐことができます。

次に意外としている方が少ないのですが
カード裏の署名です。

最近では確認する店も少なくなってきました。
いざ紛失や盗難にあった時、
本人かどうか疑われることを避ける意味もあります。

不正利用だと疑われると
補償がされない可能性もあります。

スキミング対策としては、
むやみにクレジットカードを持ち歩かないこと。

私も常に3枚持ち歩いていますが
減らそうと考えています。

暗証番号を推測されやすいものにしない。

誕生日はもちろんのこと、
車の番号や番地なども危険です。

自分しか分からない
(家族も分からないような)番号が
良いでしょう。
逆並びも良いですね。

最後に、常に情報漏洩の情報を
得るようにしましょう
ネットニュースでもOKです。

なお100%の補償が付いているので、
不正利用をされて困るのはカード会社でしょう。

カード会社のセキュリティは
日々強化されています。

ある男性の経験では知らない間に
7000円ほどの不正利用をされており、
クレジットカード会社からの連絡で
初めて気が付きました。

それほどカード会社のセキュリティは
強化されているのです。

便利なクレジットカード。
以上の事に気を付けて賢く利用しましょう。