役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

社員旅行に不参加でも問題なし!?行きたくない時に使える見事な断り方

スポンサーリンク
 

新社会人のみなさんにとって社員旅行なんて、
気を使わなければならないし
休日もなくなってしまう、
なければいいのにと感じている人も
多いのではないでしょうか?

断りたいけど、恨まれるのは嫌なとき
有効な断り方について紹介していきます。

社員旅行を実施している会社はどれぐらいある?

f:id:sawamurajin:20170501214913j:plain

長引く不況で
社員旅行を実施している会社は
年々減少しています。

1990年代には約9割の会社が
社員旅行を行っていましたが、
2004年には約4割まで減少していました。

その後少し回復して
実施している会社は
約5割程度になっています。

社員同士の親睦を深めることを目的に
旅行を実施するほかに、
ボウリング大会やゴルフコンペなど
実施している企業も多くありました。

そもそも社員旅行は必ず行かないといけないもの?

f:id:sawamurajin:20170501214915j:plain

社員旅行は社員同士の親睦を深めることを目的に
実施されていることも多いため、
必ず行かないといけない決まりはありませんが
不参加の意思を言い出しにくい雰囲気が
あることも多いです。

これから一緒に仕事に取り組んでいく関係であるから、
親睦を深めることは仕事にとって
プラスに働くという考えもあります。

仕事にとってプラスに働くのだから、
社員旅行に参加するのも仕事のうち
という社風の会社も多くあります。


しかし、親睦や慰安を目的としている場合、
参加の義務はありません。


したがって断っても会社が
ペナルティーを科すことはできません。

会社によっては社員研修の一環として
宿泊研修やレクレーション研修を
実施していることもあります。

社員旅行と異なり社員研修となると
業務の一環として取り扱われているため、
参加を義務付けられる場合もあります。

会社で行われているものが
社員旅行なのか、社員研修なのか
事前にリサーチが必要になります。

スポンサーリンク
 

不参加でもまわりの人に憎まれない見事な断り方とは?

不参加でもOKならば行きたくないですよね。


でも新人の場合
不参加の意思を伝えくい場合もあります。

私も新社会人のころ職場の行事に
参加したくないと感じていました。

仕事終わりの飲み会の誘いもめんどくさいと感じ、
社員旅行も極力行きたくないと考えていました。

初めのころは付き合いの悪い新人と思われて、
嫌味を言われたり仕事がしにくくなったり
したこともありました。

それからはキャラを変えようと努力しました。

取り合えず、1回会社の行事に参加して
「私ほんとはいつもこういうの
参加したかったんです。でも人見知りで…
今日は勇気を出して参加しました。」

という風に話してキャラの変更を試みました。

その後、飲みの誘いや会社の行事は
適当にペットの世話があるとか、
家族が体調悪いとか
理由を付けて断りました。

その度に
「ほんとは行きたいんで残念ですが…。」と
演技していました。

おかげで何とか
付き合い悪い新人という印象は
払しょくすることでき、
仕事も気持ちよくすることもできました。

社員旅行を上手に断りたければ、
旅行までに会社の飲み会などに参加し、
付き合いのいい新人という印象
持ってもらうように努めましょう。

その後、社員旅行は親戚の慶弔事や
家族の体調不良を理由に参加を断りましょう。

まったくの嘘だと怪しまれますので、
実際にあった出来事をもとにして
上手に嘘をつきましょう。


できれば直前の不参加ではなく
親戚の法事や遠方の結婚式という理由で
前もって欠席の意向を
伝えておくといいでしょう。


その時に菓子折りやお酒の差し入れがあると
憎まれることなく、欠席することができます。

また、
コミュニケーション能力の低い奴だと
思われることもなく、
仕事の評価に響くこともないでしょう。

しかしずっと行事に参加しないでいると
いずれ怪しまれるようになるので、
たまに飲み会などに参加して、
周囲との関係が悪くならないように
努めてください。

まとめ

f:id:sawamurajin:20170501214916j:plain

会社の社員旅行や研修旅行は
本当に面倒ですよね。

でも職場の人と交流を深める
いい機会でもあります。

めんどくさいと決めつけず参加してみると
意外と楽しいかもしれません。

参加が義務づけられていなくても、
幹事などの役割を与えられている場合、
欠席すると会社の人に迷惑が掛かります。

もし参加しないつもりならば、
幹事や旅行に関する役割が
与えられないようにしてください。

残念ながら幹事や何かしらの役割が
与えられてしまったら、
あきらめて参加するようにしてください。

それでもどうしても参加したくないのならば、
幹事や役割の仕事は事前に完璧にしておき、
当日どうしても体調が悪くなったという
理由を付けて欠席する方法もあります。

恨まれないために、
欠席した後の動き方も
重要になります。

差し入れをしたり、遠方の法事や結婚式に
参加したことになっているのならば、
その土地のお土産を準備することも
忘れずにしておきましょう。

何事も人付き合いとは大切です。

会社の行事に参加することはとても重要ですが、
自分の時間を大切にしたい気持ちも
よくわかります。

憎まれずに社員旅行を欠席して、
自分の時間を満喫してくださいね。