役立つ知識を集めたブログ

役立つ知識を集めたブログ

色々なジャンルで役に立つ知識を集めたごちゃまぜのブログ

中学生でもわかる!築地市場の豊洲への移転問題をわかりやすく説明!

スポンサーリンク
 

ニュースでよく騒いでいるけど
何が問題か分からない人も多いのでは。

早く移転しろという人が居たり
移転反対の人が居たりで
なかなか話が前に進んでいきません。

今回はニュースでも話題になっている
築地市場豊洲への移転問題を
分かりやすく紹介いたします。

そもそも築地市場豊洲市場に移転する理由とは

f:id:sawamurajin:20170606235247j:plain

築地市場は1935年に開設され
現在も活動している卸売市場です。

80年以上使われてきた築地市場の最大の移転理由は
建物の老朽化です。

昔の建物のため今後東京に大きな地震が来た時に
大きな被害が出てしまう可能性があるため
早急に解決しないといけない問題です。

他にも衛生管理に不安があったり
作業のやりにくさも大きな問題となっています。

このような状況から
築地市場から他の場所へと移転するべきという声が上がり
平成13年の12月に豊洲への移転が決まりました。

誰が最終的な決定したのかなど
罪の擦り付け合いも行われていましたが
当時の都知事である石原元都知事に
責任があるのではないかという声も
多く上がりました。

それにしても十数年も前に決められた移転が
今頃問題になっているのもおかしな話ですね。

築地市場豊洲に移転する上での問題点とは?

f:id:sawamurajin:20170606235242j:plain

築地市場豊洲への移転する際に
大きな問題として取り上げられたのも
衛生面での問題です。

盛り土問題や地下水の汚染物質の問題、
土壌汚染など移転が近づくにつれて
様々な問題が出てきました。

元々豊洲市場がある場所には
東京ガスの工場があった場所で
その際に出た有害な物質が地下に沈んでいたことから
衛生面での問題が大きくなっていきました。

テレビのニュースやネットニュースなどでも
ベンゼンヒ素という言葉を
1度は聞いたことがあると思います。

それらの物質が基準値の何十倍もの数値が出た
などと騒がれていますが、
そもそも地下水などは使用することがないので
人体に影響を及ぼすことはありません。

この点については、参考になる記事がありますので
紹介いたします。

http://www.huffingtonpost.jp/nobuo-gohara/toyosu-koike_b_14276818.html



結局のところ、単に豊洲移転反対の人が
豊洲市場のイメージを悪くしたいだけでは?

という意見も。

豊洲への移転問題は衛生面だけではありません。
交通手段がないとの声も多く上がっています。

市場は毎朝早くから開かれていますが
豊洲市場へ公共の交通手段を使って行くには
ゆりかもめ」しかありません。

車以外で市場へ行っていた人たちにとっては
かなり不便な状況になってしまいます。

豊洲市場にも問題点は様々ありますが
調査が進むにつれて安全であるという声が
増えてきています。

築地には安心はあるが安全はない。
豊洲には安全はあるが安心はない。

といった言葉もあります。


個人的には交通の不便さはあるとはいえ
豊洲は安全が確保されているので
早急に移転すべきだと思いますけどね。

いずれにせよ
いつかは決断を下さなければならないので
目を背けずに小池都知事にはしっかりと
移転問題に向き合ってもらいたいですね!

スポンサーリンク
 

市場の移転問題に対する都知事の動向は?

元々小池都知事は移転慎重派であるため
正直なところ移転はしたくないというのが
本音ではないかと考えることも出来ます。

決まっていた移転時期を延期にしたのも小池都知事ですし
その際には小池都知事の評価も上がりました。

しかしその後豊洲への移転に批判的な言動を続けたため
豊洲市場が安全であるということが分かっても
移転しづらい状況に自分でしてしまいましたね。

結局移転ということになれば
移転を延期した自分にも
それなりの責任があるわけですし
小池都知事に対する批判も多くなるでしょう。

しかしこの後の流れは早ければ
2017年冬から2018年の春にかけて
豊洲市場への移転となります。

さらなる審議が必要とされれば
2018年の冬から2019年の春に移転となります。

最終的には豊洲市場への移転となりそうですが
今現在新たな議論がされています。

その議論というのが
豊洲市場への移転を止めて
築地市場を改修工事するという案が出されています。

今更何言ってるんだとも思ってしまいますが
築地市場にかかる改修費は約3400億円となっています。

豊洲市場には約6000億円程かかっているので
合計すると1兆円にもなってしまいます。

仮に築地を改修するにしても
様々な問題は出てきそうですし
残された豊洲市場については
どうするつもりなのでしょうか?

これらを見ると単に
小池都知事は何が何でも移転はしたくないと
疑ってしまいます。

更に豊洲市場は維持費だけでも
毎日約700万円かかっていると言われています。

維持費の減額が行われても約500万円です。

今現在何も役に立ってない施設に
毎日500万円ってかなりもったいなくないですか?

結論がなかなか出ない今
毎日500万円をどぶに捨てているようなものですね。

移転するのかしないのか早く結論を出してほしいというのが
都民、国民の意見ですし
何より市場関係者が1番困っています。

市場関係者の中でも意見は割れているので
どちらにせよ長引けば長引くほど
反発は高まってしまいます。

1日でも早く結論を出すというのが必要ですが
現状を見てみると問題が解決するのは
来年以降になってしまいそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

詳しく知っていくと
どちらにもメリット・デメリットはあり
豊洲市場への移転の賛成、反対は
現在も真っ二つに分かれています。

どちらにせよ反発が来るのは目に見えてますが
そんな時こそ都知事としての資質が
試される時ではないでしょうか?

十数年も前に決まって着々と計画が進んでいましたが
直前になり移転延期、尚且つ問題が解決しない。

正直都民も呆れているのが
現状ではないでしょうか?

いずれにせよ今の都知事は小池さんなので
責任を押し付けあうのではなく
都民、関係者の為に出来るだけ早く
最善の策をとってもらいたいですね!

スポンサーリンク